脇の黒ずみを重曹で解消する

脇の黒ずみを重曹で解消するときに注意したい3つのこと

脇の黒ずみを重曹で解消できるかと期待している方が多いと思いますが、その時に注意したいことがあります。

 

ドラッグストアに行くと重曹は2種類販売されています。

 

1つは食品としても使えるもの、もう一つは掃除などに使うものです。

 

脇の黒ずみを取るときには、食品として使えるもののほうにしましょう。

 

こちらの方が体に優しいからです。

 

これを使うときはいくつか方法があります。

 

まずいつも通りにセッケンを泡立てて、そこにひとつまみの重曹を加えます。

 

それで脇の下を洗うのです。

 

かなり手軽な方法ですね。

 

重曹は温泉にも入っているぐらいなので、そんなに肌に刺激があるものではありませんが、もしも気になる方は体を洗う1番最後に重曹を加えるのがいいかもしれません。

 

もう一つが重曹に水を混ぜてペースト状にして、それをパックにするということです。

 

脇の下に塗り、10分程度放置してから洗い流します。

 

1つ目の方法に比べると時間がかかりますが、これも軽いピーリング効果があり、脇の黒ずみに有効です。

 

ただやりすぎると逆に刺激になるので週に一回くらいにおさえておいておく方が良いでしょう。

 

私はこれらの方法を、両方ともしてみました。

 

セッケンにまぜて使う方法は、手間がかかる感じはしませんでした。

 

でも、これに効果があるかどうかわからなかったので、やめてしまいました。

 

ペースト状のパックのほうは10分間脇の下に塗って放置するのが面倒で、何よりも効果がある感じがしなかったんですね。

 

なのでやっぱりやめてしまいました。

 

重曹にピーリングの効果があると言いましたが、それは重曹に研磨剤の役割があるからなんですね。

 

だからこの摩擦によってかえって脇の黒ずみが悪化してしまうかもしれないし、実際に使い続けるのはかなり覚悟がいると思います。

 

また重曹を使った後は必ずしっかり保湿をしたほうがいいですよ。

 

その時はこするのではなく、優しく押さえるようにする方が肌に優しいです。



ホーム RSS購読 サイトマップ