あぁ、恥ずかしいよ。私の汗かき。どうしてごまかそか。

汗かきであります。非常に。困るんであります。
汗で困ること、対応策を書いてみたいと思います。私はいわゆる、更年期になります。何もしてないのに、ざーと汗が吹き出す。家にいる時は、拭けばよいわけですか、暑い。とにかく暑い。どうするかですが、まず保冷剤を二つ三つ薄いタオルにくるみます。真ん中によらないように安全ピンで保冷剤と、保冷剤の間をとめて首にまきます。まあ、汗葉ひきます。しかし、外出時は使えません。首にタオル巻いたおばさんは、やはり街なかではいませんわ。同じような保冷剤入りの首ストールをしかたなく使いますご、時間がもちませんね。後、ブラをキツめに装着します。なんやら、漢方で脇近くに汗のツボがあるらしく不思議ときつくブラを装着してら、顔には汗がでません。これはおすすめです。私が一番困っているのは、太ももから異常に汗が出るのです。これには、ホントに困ってます。会議等で椅子に座りますよね。大体、会議に使っているような椅子は座る面が、ビニールっぽいレザーみたいなのです。このレザータイプに座ると、冷房が効いていてもものの10分も座れば、べっとりと太腿の形がはっきりわかるように、汗かきます。汗で濡れてます。これは、恥ずかしい。人がいなかったらさっと、席を立ちます。私は、座ってないといった顔ですまして立ち去る。しかし、立った時に、友人などが話しかけたら、椅子の汗べったりが見える、汗かきはあさんがわかる、これは恥ずかしい。椅子に友人の視線がいかないよう、話しをして、注意をそらすしかありませんわ。
 クレンジングのリダーマラボ